訪問記 No.138

最初のページに戻る   訪問記一覧のページに戻る   

訪問日 17/06/26−27

訪問先。ソシオ流通センター、郡山富田、十府ヶ浦海岸

1.計画

 「大人の休日倶楽部パス」を利用して上記の訪問先を訪問する。

2.第一日(17年06月26日)

 上野駅発の始発の高崎行の普通列車で熊谷に向かう。
 秩父鉄道で羽生方面に一駅のソシオ流通センター駅に向かう。
 駅舎は予想以上に立派である。駅員の配置は午前7時以降で、それまでは待合室が利用できない。
 新幹線で大宮経由で郡山に向かう。郡山から磐越西線で一駅の郡山富田駅に向かう。
 同一名称の駅名を避けるために、かつては旧国名を使うことが多かったが、ここは市名の郡山になっている。ここも立派な駅舎で無人駅ではあるが、ちゃんとした待合室がある。
 郡山に戻り、宿泊地の久慈に向かう。山田線が鉄道として不通のため、十府ヶ浦海岸に鉄道で向かうには八戸線経由でいかねばならぬ。途中、旧・プレイピア白浜駅のホームがなくなっていることを確認して。17:00に久慈に着く。
 
3.第二日(17年06月27日)

 翌日は、久慈発の始発の宮古行に乗る。乗客は私一人である。ただ、後ろに回想車両を併結しており、当該車両は普代で切り離し、久慈方面の始発となる。
 久慈から3駅目の十府ヶ浦海岸で下車する。海岸までは交通量の多い道路を横断して徒歩数分である。
 これで、今回の新駅訪問は終わり、久慈、八戸経由で帰京する。
 
 今回の成果は3駅、通算9967駅の訪問(訪問後の廃止駅を含む。)で、未乗下車駅は3駅です。(旅客扱いしない駅は除く。)