訪問記 No.49

最初のページに戻る   訪問記一覧のページに戻る

訪問日 04/09/25−26

訪問先。日豊本線、鹿児島本線、平成筑豊鉄道。


1.計画

 前日の24日(金)東京発の「さくら・はやぶさ」で岩国に行き、錦川鉄道・岩徳線を中心にまわる。東京発車時刻には間に合わないので、静岡まで新幹線で追いかける。
訪問駅を稼ぐためトレンクル持参とする。

2.第一日(04年09月25日)

 さくらのBソロはタバコのにおいがする。Bソロには喫煙しかないのは残念だが仕方ない。
 「さくら・はやぶさ」は岩国に3分遅れで到着する。通津、藤生、南岩国を先に回って、錦川鉄道に入る。錦町は見覚えのある駅前広場で、すぐ折返して、柳瀬駅で降りる。この駅から錦川鉄道と国道は錦川を挟んで並走する。駅の近くには橋があるので、自転車の移動が可能だ。南桑駅にて錦川鉄道駅の訪問を完了する。
 岩徳線でもトレンクルは活躍し、周防花岡駅からショートカットで下松駅まで行き、当日の役割を終える。柳井まで各駅に下車し、駅前のビジネスホテルで宿泊する。

3.第二日(04年09月26日)

 この日は山陽本線の16駅を淡々と周り、雨が上がったので、トレンクルを活用して宇部線の残りの6駅も回る。最後は草江駅から山口宇部空港駅にアクセスし、ANA便で帰京する。
 神代駅前には丸ポストがあった。備中神代駅にも丸ポストがあったが、何かの因縁かな。


 今回の成果は45駅、通算9464駅の訪問(訪問後の廃止駅を含む。)で、残りは237駅(旅客扱いせず、徒歩で簡単に訪問できない駅は除く)となった。